木材・新建材・住宅機器の販売と、在来軸組みプレカット加工なら、60年の実績をもつ埼玉県行田市の島﨑木材株式会社へ


輸入材

ホワイトウッド/hinoki
日本の杉よりも硬さで勝り、クギの保持力も高い。ただし耐腐朽性が低いのが難点。
主にヨーロッパの平地林に植林される直材であるため、伐採・搬出が容易です。人工乾燥材や集成材として日本にも多く輸入されるようになりました。
欧州赤松/hinoki
適度な硬さがあり、大きな節が少ない。ロシア産のものが大量に製材されていましたが、ここ数年では輸入量が激減しています。現在は中国において集成材として加工された製品の入荷がの主流となりつつあります。
米松/hinoki
強度、耐久性とも優れている。米松と呼ばれているが、日本の松とは性質も分類も異なり、直材が多く、樹脂も比較的少ない。アメリカに多く生育し種類も豊富で梁材意外にも様々な用途に使われます。
米梅/hinoki
かつてはアメリカ・カナダから大量に原木が輸入され、日本各地で建築用材として製品化されていました。しかし、丸太輸入はほぼ無くなり、現在はカナダから現地挽き製品と再割り用原板が輸入されるのみとなっています。

ページの先頭へ戻る

木材・プレカット工法に関するご質問・ご相談・お問い合わせは

お電話からのお問い合わせは048-553-1134(代)

FAXからのお問い合わせは048-556-2519

パソコン・メールからのお問い合わせはwood@shimazaki-mokuzai.co.jp

〒361-0022 埼玉県行田市桜町1-22-14 TEL.048-553-1134 FAX.048-556-2519

Copyright(c) Shimazaki mokuzai Co.,Ltd. All right reserved

Produced by decenterDesigned by xthdesign